高専生・高専入試のための専門の学習塾
PDCA-school

【エッセイ】他人を上手にコントロールする方法

高専の先生には うちの学科(情報)はコミュニケーション能力が、もう一つな高専生が多いからなーとおっしゃっていた記憶があります( ;ᴗ; )

自分の気持ちや考えを 円滑に伝達して、相手に都合良く 影響させられると、より良い高専生としてのキャリアになりそうです(*´ー`*)

__________________

人間は「自分はすごくて重要な人間だ」
「自分は偉い人間だ」と思いたい欲望を強く持ちます。



心理学の3大巨匠の1人
ジークムント・フロイトも そう述べたそうです。

今回はその人間の生来的な欲求を逆利用します( ˆᴗˆ )

[自分は重要な人なんだ][すごい人なんだ]
思わせることが非常に重要になります。



[自分は重要な人なんだ][すごい人なんだ]と、思わせることが非常に重要になります。



それを満たすような振る舞いを意図的に行うことで、円満な関係を築けたり、交渉が円滑に進むことが多くなります。


①重要感を持たせるために心から褒める

②特有の長所・得意をピックアップする

③批判も非難もしない



この3つですね。一言コメントをすると( •⌄• )◞





①褒めることで承認・認知されることになり「重要な人だ」と思わされます。

②お世辞になると 逆効果になりうるので 本人も自覚しうる点がベストです。

③上手にコントロールする と言う目的内ではする必要はありません。バラス・スキナー(アメリカの心理学者) によると、人間は自分の過ちを100%認めて納得することは少ないです。





①-③の例を以下に示します\( ˆoˆ )/

いつも相槌を打ちながら話を聞いてくれて嬉しいですね。簡単にできることじゃないですよ。

先生の話は分かりやすいから 楽しんで勉強できます!

お疲れ様! いつもお仕事 家族のために助かるよ。

●●●さんは 綺麗な文字でまとめてるから いつもお手本のために授業板書をコピーさせてもらってるよ。

***くん いつもゼミの前に早く来てくれているね。社会に出る前にこれができるのはすごいですよ。期待しています。

自分の時間を使って家のことや子供のことをありがとう! 土日は俺ができるところはやるから、休んでね。






何回か じわじわ・コツコツと褒める・賞賛を行い
数回に一回 お願い事をする。そうすると・・・。




今回のエッセイのタイトルにある通りです!




悪用厳禁ですね!!!!!

pdca-shoolのアイコン PDCA-schoolについて
はてなマークのアイコン 塾長に質問
メールのアイコン 無料体験・資料請求
矢印のアイコン